下肢静脈瘤は名医がいる病院で治療する|優秀なドクターをリサーチ

シニア男性

脳腫瘍の改善治療

入院患者と先生

脳腫瘍にはいくつかの種類があります。髄膜腫と呼ばれる病気は、脳に発生する腫瘍の中でも発症数が多いのです。髄膜腫は脳内のくも膜細胞から発生します。髄膜腫は脳の軟膜を破壊し、脳浮腫や脳内進展を引き起こします。髄膜腫は女性に発症することが多く、発症する原因としては女性ホルモンが関連していると考えられています。ですが詳しい所は現在の段階では分かっていないのが現状です。髄膜腫は発生する部位によって名称が異なり、円蓋部髄膜腫、傍矢静洞髄膜腫、大脳鎌髄膜腫などがあります。またこの髄膜腫は基本的に良性なのが特徴としてあります。

髄膜腫を治療する際には、基本的には外科手術療法が選択されます。手術を行なう際には、脳を保護している硬膜組織にも腫瘍が入りこんでいるため、この硬膜組織もろとも摘出するのが一般的です。また手術前にレントゲン検査などで、大量の出血の可能性があると判断された場合には、手術前の血管を詰める塞栓術が行われます。この手術をしておくことで、出血の量を少量に抑えることが出来ます。そのため手術をスムーズに進めることが出来るのです。ですがこの塞栓術を行なうと脳浮腫が強くなることがあります。治療を受ける前に担当する医師に相談して確認をしておくと良いでしょう。この腫瘍は良性ではありますが、腫瘍が発生する場所によっては視野が狭くなったり、視力の低下、目眩などの症状を感じることがあります。これらの症状が日常生活に支障をきたしているのであれば、早い段階で病院を受診しておきましょう。