下肢静脈瘤は名医がいる病院で治療する|優秀なドクターをリサーチ

シニア男性

睡眠時の病気を治す

カウンセリング

伊丹市の内科クリニックは多くの人が利用しています。伊丹市の内科クリニックでは基本的な内科治療の他にも、呼吸器内科が設置されています。そのため睡眠時無呼吸症候群の検査や治療を受けることが出来るのです。睡眠時無呼吸症候群は放置していると、高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病と呼ばれている病気を誘発してしまう可能性があるため、早期的に伊丹市の内科クリニックで治療を開始しましょう。

そもそも睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸が一定期間止まってしまう状態のことを指しています。医学的な定義としては1時間あたりの睡眠で、呼吸をしていない状態や低呼吸の回数が5回以上起こる状態が認められた場合を睡眠時無呼吸症候群としています。睡眠時無呼吸症候群は寝ている間の脳内に十分な酸素量が行き渡らなくなるため、睡眠の質がかなり低下します。また寝ていると思っていても脳は起きている状態なため、疲労を回復させることが出来ません。すると脳だけでなく身体にも疲労が蓄積されてしまいます。睡眠時無呼吸症候群の怖い所は自分自身で気づくことが難しいという点です。そのため睡眠時無呼吸症候群は家族や恋人など周囲の人に指摘されて気づく人が多いのです。睡眠時無呼吸症候群の症状としては、口や喉の渇き、疲労感や倦怠感、睡眠から覚めた時の頭痛などがあります。これらの症状が持続している場合は睡眠時無呼吸症候群を疑ってみると良いかもしれません。

伊丹市の内科クリニックは地域の総合病院と提携しているため、自分が希望する治療を受けることが出来る病院を紹介してもらうことが可能です。さらに専門的な医療を望んでいる人は気軽に相談してみると良いでしょう。