下肢静脈瘤は名医がいる病院で治療する|優秀なドクターをリサーチ

シニア男性

難聴の原因を突き止める

患者

耳に関する病気はいくつもあります。聴神経腫瘍はその内の1つで、聴神経に発生する病気です。聴神経腫瘍が発生してしまう詳しい原因は分かっていません。ですが遺伝が関係しているというのが有力な説になっています。聴神経腫瘍の症状の現れ方としては、片方の耳が聞こえづらくなったり、耳鳴りが発生したりするといったものがあります。また目眩、顔面神経麻痺などの症状を引き起こすこともあります。聴神経腫瘍の症状の進行スピードは個人差があります。人によってはゆっくりと時間をかけて症状が進行していく人も入れば、短い期間で悪化してしまう人もいるのです。聴神経腫瘍の特徴の1つとして、いきなり難聴症状が引き起こされるケースも確認されています。

聴神経腫瘍は基本的には良性腫瘍なため、しっかりと治療を行なえば症状を緩和させることが出来ます。治療の方法としては放射線治療、外科手術治療、経過観察療法などが主に選択肢とあります。治療を始める際には医師とカウンセリングを行なうことで、その治療が最適かどうかを判断しましょう。患者さんの難聴の症状や年齢、日々の生活などあらゆる条件を加味しながら治療プランを練ることが大切です。

大抵の場合、聴神経腫瘍の治療をする際には経過観察療法を選択します。理由としてはこの病気は良性腫瘍で、生命の危険性があまりないからなのです。経過観察療法中はMRI検査を半年に1回ほど受けて、腫瘍を確認していきます。この際に進行が見られるようであれば本格的な治療に入るというのが基本的な流れになります。今後治療を受ける際には焦らずに、しっかり病気と向き合いましょう。